商品を綺麗に撮るちょっとしたコツ

ネットショップは実物を見ることができないので、お客様にとっては写真が全てです。

そのため、売りたい商品モデルの商品撮影をする際はいかに綺麗に魅力的に見せるか、現物と違わない状況を再現できるかが大切になります。

1つ目のコツとしては、明るさの調整によって商品を伝えるテクニックを身に着けましょう。

ライトを使う方法もありますが、使い慣れていない人ではかえって光ってしまったり、影ができたりとスムーズな商品撮影ができません。

特に室内でライトを当てての撮影は商品の正確なカラーを伝えることができない場合もあり、販売後にクレームがつくケースも想定されます。

ベストなのは自然光の中でモデルを撮影することです。

さらにレフ版を用いて光を当てる用にすると、綺麗に商品撮影ができます。

レフ版はお金をかけて買う必要はありません。

白い厚紙を張り合わせて簡単に作ったものでも十分機能します。

モデル商品に光が当たるように、近づけたり角度を調整しながら配置してみてください。

2つ目のコツとしてはブレを抑えることです。

ブレは手ぶれだけでなく、フラッシュによってぼけてしまうケースも避けたいところです。

カメラを三脚などで固定し、フラッシュを焚かずに撮影するだけでも、かなり綺麗に撮影が可能です。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
商品を綺麗に撮るちょっとしたコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*