ライティングに気を使うだけで見違えるような写真になる

ネットショップの商品撮影は重要な要素です。

その撮影の時に気を付けるのは、ライティングです。

フラッシュや照明をどのようにするのかによって、写真写りは大きく変わってきます。

屋内で撮影する時にもどのような向きで光を当てるのかを気にして商品撮影をしましょう。

専門的な機材が用意できず、蛍光灯などの光を使うとしても周りにレフ版を当てて、フラッシュを使う事でモデルの影を減らす事ができます。

フラッシュは、必ず利用したものとそうでないものを比べてどっちが良いのか決めましょう。

ただカメラに付属しているフラッシュは、あまり使わない事をお勧めします。

なぜならば明かりが独特のものになってしまい、陰影が激しくなってしまうからです。

もちろんレフ板を効果的に使えばそれを避ける事も可能ですが、内臓フラッシュを使うよりもその場合にはシャッタースピードを遅くして適正露出にする方が効果的です。

もしスローシャッターだとぶれてしまうというならば、三脚を使ってモデル商品を撮影しましょう。

あるいは外付けのフラッシュを用意して、壁や天井にフラッシュ光を反射させるバウンスフラッシュを利用して影を和らげより自然な写真にしても良いでしょう。

バウンスフラッシュは外付けフラッシュを使えばだれでも簡単にできます。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
ライティングに気を使うだけで見違えるような写真になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*