置きピンを活用できるようになれば脱初級者かもしれません

ネットショップに出す写真を色々考えている人も多いでしょう。

そんな人は、色々なテクニックを駆使して取るように練習していると思います。

今回はぜひとも置きピンの魅力を知って、より一層商品撮影の幅を広げてみてください。

商品を撮影するときに、ただ商品を床において撮っているだけでは面白みに欠けます。

例えば、そのアイテムが服やファッションアイテムである場合にはモデルさんに着て貰ったりすることで、さらに魅力を引き出せるでしょう。

置きピンは、先にピントを合わせておいて動く被写体がフレームに入ったらシャッターを切るというテクニックなのです。

初めから構図を決めておいて、先にピントを合わせておき、モデルさんに走ってもらったりして、ちょうどベストな構図の瞬間にシャッターを切るのです。

そうすると動きを感じさせるダイナミックな写真となり、商品撮影としてはかなりのテクニックを駆使した写真となると思います。

もし置きピンが難しいと感じる様でしたら、AFの動体予測の機能でも似たような効果は得られますので、置きピンとともに試してみましょう。

ダイナミックな画像を撮りたい時には、一度考慮してみるとよい撮影のためのテクニックです。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
置きピンを活用できるようになれば脱初級者かもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*