オートフォーカス機能の働きをサポートするテクニック

多くのデジタルカメラに搭載されているオートフォーカス機能は、とても便利なものです。

自動で被写体にピントを合わせてくれるので、手軽に綺麗にモデル商品撮影を行うことができます。

ただ、オートフォーカス機能が上手く働かないこともある為、その場合はピントが合うようにサポートすることが必要です。

オートフォーカス機能が上手く働かない理由は、すべてカメラの自動システムで被写体を決定してしまう事にあります。

例えば、白い壁の前に被写体を置いてモデル商品撮影すると、カメラのオートフォーカスフレームが手前にある物に反応して上手くピントを合せる事ができます。

しかし、背景に複数のアイテムがある時や人物が重なっている時は、奥の商品にピントが合ってしまったりどちらか一人だけにピントがあってしまう事があります。

そんな時は、オートフォーカスフレームを解除することをおすすめします。

自動ではなく、こちらで事前にピントの合う位置を設定しておくことで、必ず指定の場所にピントが合います。

オートフォーカス機能を使用するかしないかは商品を撮影する時の背景や構図によって変えることが大切です。

そうする事で同じような写真ばかりではなく、幅の広い撮影が可能となり、ワンランク上の写真が撮れるようになるでしょう。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
オートフォーカス機能の働きをサポートするテクニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*