商品撮影の構図として三分割法にチャレンジしてみる

ネットショップに掲載する商品モデルを撮影するにあたり、考えなければいけないのは構図です。

構図とは画面構成のことでカメラのファインダーを覗いて、モデルをどこに配置するのかといった位置から、配色やボケ具合などを決めることを言います。

プロの写真家になると商品撮影において最も悩むのが構図です。

もっとも、初心者の場合は悩むこともなく商品を画面のど真ん中に配置して撮影するケースが少なくありません。

商品を見せるのだから中央配置は当たり前だと思われるかもしれません。

ですが、こうした配置を日の丸構図と呼んで、初心者がやりがちなよくない例として挙げられることもあるのです。

日の丸構図が望ましいケースもありますが、初心者の方にもやりやすく覚えておいて欲しい商品撮影の構図として三分割法があります。

三分割法は画面を縦横均等に三分割し線の交差した4つのポイントにモデルを配置するものです。

こうするとまとまった構図に収まり、見栄えもよくなります。

初心者でも構図がとりやすく、商品撮影の腕を上げるテクニックの1つになるので、三分割法を意識して構図をとっていくようにするといいでしょう。

三分割法になれたら、画面に対角線を引いて、別の頂点からその対角線に向かって垂直線を引いた4つの交点の中におさめる黄金分割もおすすめです。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
商品撮影の構図として三分割法にチャレンジしてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*