モデル商品撮影時の構図は三分割法で考えましょう

写真の安定感に違いを生じさせる要素として、構図が挙げられます。

構図とは、画面の構成のことを指します。

簡単に言うと、モデルや商品の一部または全部をどのように写真の画面の中に収めるか、ということです。

同じ被写体でもどのように画面内に配置するかによって安定して見えたり不安定に見えたりと印象が変わって見えるので、適切な構図を考えながら写真を撮ることが商品撮影をする上では大切になります。

写真を魅力的に見せるために効果的な構図はいくつもあります。

その中で特に有名で多くの方に利用されているのが、三分割構図です。

これは、画面をタテとヨコにそれぞれ3つに分割して考える三分割法という考え方をもとに生み出された構図のことを指します。

画面を分割した線が交差している部分や画面を分割している線上に注目してほしい物を置くと、構図として安定するのです。

三分割に厳密にこだわって定規等を持ちだしてくる必要はありません。

商品撮影の際に商品やモデルが画面の分割線周辺に配置されているかどうかを少し意識してみるだけで、写真の仕上がりが変わってきます。

また、モデルが横を向いて写っている写真を撮りたい場合には、視線の方向に空間を空けるようにするのも構図のテクニックの1つです。

左を向いている被写体を撮るときは被写体を画面の右の方に配置するようにし、右を向いている被写体を撮るときには被写体を画面の左の方に配置するといいでしょう。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
モデル商品撮影時の構図は三分割法で考えましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*