構図を学んでより魅力的なネットショップ写真を撮ろう

ネットショップの要となるのが写真であり、これから開業をしたいと考えている方は、すでにご存じかもしれません。

画質の良さも大切ですが、テクニックを駆使したオシャレな構図は魅力的なサイトページとなります。

例えば、服の写真を撮るときは、服だけの画像よりモデルが着用した撮影をすると消費者がイメージしやすくなりますが、ここでプロが行っているアングルに注目してみましょう。

一般的に知られているのは三分割法です。

この方法は、モデルとなる被写体が中央に寄りやすくなり、プロ並みのテクニックがない方には平凡な写真となる可能性があります。

そこで、取り入れてみたいのがレイルマン比率による構図です。

画角を真正面にみて、バツのマークをひき、さらに縦に四分割します。

バツマークの対角線と四分割した線の外側の二つの交点したところに被写体を置くと、中心部から離れたため落ち着きのある商品撮影がすることができます。

もちろん、縦構図の時でもレイルマン比率は使用することができます。

その時には縦ではなく横方向に四分割してから対角線の交点を加えるだけです。

アイテムが二つ以上あるときも、レイルマン比率を用いて商品撮影をする事で魅力的な写真へと仕上げることが出来ます。

ぜひ試してみてください。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
構図を学んでより魅力的なネットショップ写真を撮ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*