室内での撮影では自然光を活かすか光をバウンスさせることが大切

室内でモデル商品撮影をするときに大切なテクニックの1つとして、カメラのフラッシュ機能を使わないことが挙げられます。

室内は屋外と比べて光の量が少ないため、普通に考えると、フラッシュ機能を使って商品やモデルを照らし出した方が良いように思えるでしょう。

しかし、実際にフラッシュをたいて写真を撮ってみると、被写体が明るく白っぽく見えるようになり、どことなく違和感のある印象となります。

また、影もはっきりと濃く出るため、影の面積の大きさによっては写真全体が暗い印象になる場合もあります。

モデル商品撮影する上で、そういった不自然さや暗さが出ることはあまり歓迎できないことでしょう。

ですから、基本的にはフラッシュ機能は使わず、自然光を活かして撮影を行う方が良いのです。

室内で自然光を活かして撮影をするときには、シャッタースピードが落ちて手ブレがひどくならないよう対策する必要があります。

三脚を使ってカメラをきちんと固定するのはもちろん、F値を下げたりISO感度を上げたりして光を取り込みやすく感知しやすい状態にカメラを設定することも大切です。

ちなみに、どうしてもフラッシュ機能を使わないと暗すぎて撮影できない場合には、フラッシュの当て方を工夫しましょう。

被写体に直接フラッシュを当てるのではなく、天井や壁にフラッシュを当てて被写体に反射させるバウンスというテクニックを利用すれば、フラッシュをたいても自然な印象の被写体を撮影することができます。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
室内での撮影では自然光を活かすか光をバウンスさせることが大切

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*