ネットショップ物撮りの基本

物撮りを行う上で非常に大切で、基本になるのは光のコントロール。

例えば、背景に真っ白な布を引いて撮影したものでも光の当て方を間違えていると、全体的に暗い画になったり、あるいは平面的で対象物の魅力が伝わりにくい画になってしまします。

しかしながら対象物を立体的に、明るく魅力的な画に仕上げたいと考えた時に商品撮影技術を意識しすぎると大変なことになります。

やれ、ハイライトと陰だの、影の出方を意識するだの、その為には何々が必要で、それを生かして対象物をこう写す為にはこういった技法が必要で・・・と、それこそ気が滅入ってしまいますよね

同一のネット商品を扱う場合、商品撮影に必要なのはスピード。

それにちからになるのは、撮影スタジオです。スタジオなら、天候に左右されることもありませんし、モデルを起用する際にも、モデルの肌が綺麗に映し出されるレフ板もライトも用意されていますから安心です。

ワンランク上の商品写真でライバルショップに差をつけましょう。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
ネットショップ物撮りの基本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*