商品画像の撮影に時間をかけるのはなぜ?



「商品画像の商品撮影が苦手」と言うオーナーさんも多数いらっしゃいます。しかしながら、苦手苦手と言っていては、売上も伸ばすことは出来ません。


CMなどで見慣れた商品ならまだしも、自社ブランドを売っていくと言うのなら、やはり商品撮影に手間をかけずして売上を伸ばすのは難しいです。


プロカメラマンにお願いするお金は出せない方も、例えば、スタッフにモデルをお願いしてみたり、ライト設備の整った貸しスタジオで商品撮影をすることで、いつもよりクオリティの高い写真が撮れますよ。


商品の写真も大切ですが、お客様は、モデルが商品を手にするように、自分がそれを手にしたときのイメージを想像し購入を決定していきます。


売れているお店は、商品撮影に一番お金を掛けると言いますが、それは、お客様の立場になれば、まだ手にしたことがない商品をボタン一つで購入する衝動を起こす大切な意味があると理解できますよね。


商品を素敵に魅せるためには、オーナー様の隠れた努力が不可欠なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*