魅力的な商品写真の撮影は、立体感と影の部分を無くす事が命です

自身が運営するネットショップに掲載するモデル商品の写真を撮影する際に、真上から撮影してしまう管理者は大変多いです。

しかしながらそういった写真は、立体感がまるで無くてべタッとした印象を閲覧者に与えてしまうので、まず注文者が殺到するような事はあり得ません。

では一体どうすればモデル商品をより魅力的に撮れるかといえば、被写体の立体感が伝わりやすいように、斜めの角度から撮影すれば良いのです。

また、被写体に影の部分ができてしまうと、どうしても華やかさに欠けた地味な印象を与える写真しか撮れませんから、レフ板を複数枚使うなどして影の部分を極力無くすように心掛けましょう。

デジカメでは雑誌に掲載されているような魅力的な商品写真は絶対に撮れないと思っておられる方が結構いらっしゃるようですが、ちょっとしたコツを実践するだけで十分素晴らしい写真を撮る事が可能です。

特にネットショップはモデル商品の見た目が全てなので、もし売上が思わしくないとお悩みの管理者がおられましたら、自サイトへのアクセス数のアップに励むだけでなく、一度商品の撮り方を見直してみましょう。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
魅力的な商品写真の撮影は、立体感と影の部分を無くす事が命です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*