撮影方法を変えて商品の売り上げを伸ばそう

ネットショップを展開するにあたっては、やはり商品が売れなければ意味がありません。

売れるためのポイントは、商品の写真を見て購買意欲をそそる事です。

これが売り上げを上げる秘訣となるのです。

高級な一眼レフカメラを持っても撮影方法が間違っていれば、消費者の心をつかむことは難しいです。

商品撮影の際は、モデルをただフラッシュをたいて撮影するのはNGです。

影ができてしまい、なおかつモデルが白く光ってしまうなど本来の色が再現できなくなる可能性が高いです。

フラッシュの代わりに商品撮影には照明(ライト)を使用し、ライトには光を柔らかくするためにトレーシングペーパーなどの薄めの紙を使い、薄い膜を張ると良いです。

そしてもう一つ、必須なのがレフ板です。

商品にそのままライトを当てると、ライトの反対側に影ができてしまい、モデルのイメージをどんよりと沈み込ませてしまいます。

そこで、ライトの反対側にレフ板を置き光を反射させると、光が均等に行くように調節する事ができるためおすすめです。

また、商品のピントを確実に合わせるために、三脚を使って固定してから撮影することも重要でしょう。

更に背景紙の上に商品を置く事で、余分な情報を与えずに商品を引き立たせることが出来ます。

白い画用紙などでも代用できますから、シンプルな背景紙を使用して商品撮影するとより商品を引き立たせることが可能になるでしょう。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
撮影方法を変えて商品の売り上げを伸ばそう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*