商品撮影にはフラッシュか照明かの使い分けもポイントに

暗いところで写真を撮る場合や綺麗に撮るにはフラッシュが不可欠と思われている方もいるかもしれません。

ですが、ネットショップに掲載するための商品撮影においては必ずしも効果的ではありません。

なぜなら、フラッシュの効果で商品のカラーが違って見えたり、艶が失われて見えることがあるからです。

本来のカラーを出すには、フラッシュは使わず昼間に自然光で撮影するか、夜の撮影や暗い部屋での撮影は照明のみで撮影するのがおすすめです。

ただし、照明による光で撮影を行うと、モデルがぶれて見えることがあります。

これを防ぐには照明をモデルとは逆行に位置付けることと、レフ板を使うこと、そして手ぶれしないよう、しっかりカメラを固定して商品撮影を行いましょう。

一方、フラッシュのメリットはシャッタースピード を速くすることで、手ぶれが防げることです。

注意点として外付けのフラッシュを使う際には充電をしっかり行っておくことです。

充電が完了していない状態では、発光せずに露出の暗い写真になってしまいます。

内蔵フラッシュの場合、レンズフードやレンズでフラッシュの光が遮られて画面の下側に光が届かず、その部分だけ暗くなることがあるので気を付けましょう。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
商品撮影にはフラッシュか照明かの使い分けもポイントに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*