モデルを使って商品の実感を湧かせるワンランク上のテクニック

ネットショップでは商品の写真が情報の多くを占めるといって過言ではありません。

商品の文字情報だけで写真がなければ購入しようと考える人はおそらくいないでしょうし、写真次第で購入意欲に差が出ます。

ネット上には数え切れないほどショップが溢れており、同じような商品を扱うお店も数え切れないほどあります。

その中から選ばれるには商品撮影でワンランク上のテクニックを発揮しなければなりません。

たとえば、獲れ立ての新米を販売したいという場合、収穫時期にはどのお店でも新米が並びます。

銘柄や産地で取捨選択される中、消費者に印象を残すには写真を工夫するしかありません。

単に精米したお米の写真を写しても、どれも同じようにしか見えず比べようがないというのが消費者の本音です。

では印象を残すにはどうするかというと、炊き立てご飯の写真や、おにぎりなど、日本人なら誰しも大好きな調理した状態の写真を撮影したり、子供がおにぎりを美味しそうに頬張っている写真などを掲載するのです。

炊き立てご飯といってもモデル商品撮影の際は湯気が出るとぼやけるので、熱々ではなくやや収まった状態で撮影します。

自然光とレフ板があればばっちりです。

人物が頬張るシーンの撮影は、ご自身のお子さんにモデルになってもらうのも最近のトレンドです。

女優や俳優になったつもりで、カメラ目線、今まさに食べるぞというポージングや、食べて美味しい笑顔のポーズをしっかり決めてもらいましょう。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
モデルを使って商品の実感を湧かせるワンランク上のテクニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*