ホワイトバランス調整でモデルや商品を綺麗に見せよう

商品やモデルを綺麗に撮影することは、その写真を見た人が商品に対して好感を持ってくれるようにする上でとても重要なことです。

商品撮影で被写体を綺麗に写すために役立つテクニックの1つとして、ホワイトバランスの調整が挙げられます。

ホワイトバランスを調整することで、写真の色を調整することができます。

普段の生活の中で光の色について意識することはあまりないでしょう。

しかしよく意識してみると、晴れた日の太陽光と曇りの日の太陽光、蛍光灯の光、ろうそくの炎の光など、光にもさまざまな種類があって、それぞれに色が違っていることに気づきます。

光の色がさまざまにあるということは、その光が当たった物体にはその光の色がプラスされて見えるということです。

赤色の光が当たれば赤みがかって見え、青色の光が当たれば青みがかって見えるといった具合にです。

そうなると被写体本来の色が分からなくなってしまい、場合によっては、商品の価値が低く見られてしまうことにもつながります。

例えば、美味しい料理を写した写真や化粧品を使ってみた様子を伝えるために写したモデルの写真が全体的に青みがかっていたとしたら、どう感じるでしょうか。

おそらく多くの方は、料理を美味しそうだと感じられず、この化粧品を使うとずいぶん血色が悪く見えるものだと感じてしまうことでしょう。

そこで、正確な色が伝わるように、画面の色が暖色側に傾いているときは寒色側にホワイトバランスを調整し、寒色側に傾いているときは暖色側にホワイトバランスを調整して、自然な色になるよう補正して商品撮影を行う必要があるのです。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
ホワイトバランス調整でモデルや商品を綺麗に見せよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*