撮影方法をマスターすれば開業できる

最近では、お店での店舗販売だけでなく、インターネットでの販売も普及してきましたね。

お店でものを購入するのと違い、手軽に自宅でできるというところが小さな子供がいる家庭には好評です。

さて、このようなネットショップ商品を販売するにあたって、商品の質を最大限によく見せる方法があります。

それは商品撮影の方法です。

同じ商品を販売していても、きれいに撮影された写真のほうがよりたくさん売れること間違いなしです。

店頭での販売と違って、お客様は商品の写真だけを見て判断することになるネットショッピングは写真うつりのよさが決め手になるというわけです。

さて、その写真をよりよくするためには小道具が必要になります。

まずは、卓上ライト、三脚、レフ板です。

この道具はそれぞれあまりお金をかけずに用意することができます。

まずは、卓上ライトですが、これは光を当てることによって商品をより実物に近づけて見た目よくうつすことができます。

そして、三脚を用意することで手振れを防ぐことができるのです。

手で持って撮影するより固定して撮影したほうがぶれなくうつすことができます。

そして、レフ板は、卓上ライトの光を反射させて、光の強さをコントロールすることができます。

難しく考えずまずはチャレンジしてみましょう。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,物撮り,商品写真
店頭での販売と違って、お客様は商品の写真だけを見て判断することになるネットショッピングは写真うつりのよさが決め手になるというわけです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*