フォーカスロック機能でどんな商品も綺麗に撮る

一般的なデジカメにはオート機能があり、自動でピントを合わせてくれます。

デジカメのモニター中央に四角い枠が表示されますが、これをフォーカスエリアと言います。

これはピントを合わせるための目印になるものなので、ここにモデルとなる被写体を合わせれば通常は綺麗に輪郭を写すことができるでしょう。

しかし、被写体によってはオート機能が上手く働かず、ピントが合わないものもあります。

このようなときに便利なのが、フォーカスロック機能です。

この機能を使えばピントが固定されるので、使い方によっては楽にピントを合わせることができます。

ネットショップの商品には、被写体が複数ある場合、中央に背景がきてしまう場合、ぼんやりとした色や光るもの、輪郭がぼやけているものなど色々あります。

このような被写体を写す場合、オート機能を使った状態ではシャッターを押してもピントが合わなかったり、別のものにピントが合ってしまいます。

このようなケースでは、まず一つの被写体を画面の中央に来るようにシャッターを半押しにします。

この場合はピントが合いますから、半押しでピントを固定させたまま、本来写したいモデルにカメラを戻して撮影をします。

仮の被写体と本物の被写体の距離が近いほうがピントが綺麗に合って撮影しやすいです。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
フォーカスロック機能でどんな商品も綺麗に撮る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*