光の加減と調整がポイントです

オンラインショップのサイトなどに掲載する、商品モデルを撮影するポイントの1つに光の加減を調整することが挙げられます。

アマチュアカメラマンがやりがちな失敗の1つに、フラッシュを利用してしまうことがあります。

たまにテレビなどで見かけるプロカメラマンの撮影シーンで、フラッシュが盛んに光るのを見て、使ったほうがいいと勘違いしてしまうのです。

商品モデルを撮る際にフラッシュを使うと、光過ぎて本来の色が失われたり、色つやや立体感が失われることがあります。

それならと、オートフラッシュ機能を利用されるケースも少なくありません。

周囲の明るさに合わせて自動調整してくれるから、失敗がないと思われがちですが、この機能も完ぺきではありません。

フラッシュはオフにして、なるべく自然光を生かせる日中に撮影するようにしましょう。

B5サイズくらいの白い板を手前に立てかけ、レフ板代わりにすることで、透明感のある美しい仕上がりに写せます。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
光の加減と調整がポイントです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*