商品撮影時にはアングルの工夫をしよう

ネットショップのモデル商品撮影をするには、そのアイテムの種類やサイズ、デザインなどによって最適なアングルを使い分けて撮影すると、より消費者に印象的で欲しいと思わせることが可能になります。

アングルとはカメラの角度のことですが、いくつかパターンを覚えておくと効率的かつ効果的に商品撮影ができます。

上から見下ろして撮るのはハイアングル、逆にしたから見上げて撮るのはローアングル、目線と同じ状態で撮影することはアイレベル、腰の位置で撮ることはウエストレベルと言います。

ただ立ったままの状態で撮影するのではなく、いくつかのパターンで撮影し、複数の画像を掲載することで商品がより分かりやすく、印象づけられます。

たとえば、お鍋を売りたいとしてお鍋を上から見下ろしハイアングルから撮ればフタを含めた商品イメージが分かります。

一方、アイレベルで横から撮ることでお鍋の深さやサイズが分かります。

アクセサリーなどをアップでローアングルから撮ることでお洒落なイメージに撮影できます。

つまり、モデルのデザインやサイズなどをしっかり確認できるためのアングルと、モデルをより魅力的に印象づける演出してのアングルから撮影することで、より買いたいと思わせる商品撮影が可能となるのです。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
商品撮影時にはアングルの工夫をしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*