ネット販売の商品撮影はアングルがとても大切

オープンしたWEB上の仮想店舗に、商品を探しに来た来訪者が目を奪われる様なレベルにする事は、今日では売上げアップの基本と言えます。

そして、目的の商品撮影を撮影する場合、商品によって適切なアングルで撮影する事が非常に重要です。

ではどの様なアングルが良いのかという答えは、実店舗を見学に行くと非常に参考になります。

実店舗では当然ですが、当該の商品を最も美しく・格好良く、そして購入してみたいというお客さん側の購買意欲を刺激する様に、陳列されています。

インターネット上の仮想店舗では、陳列するという事は一般的にはありませんが、実店舗の展示ノウハウを活かす事は無駄にはなりません。

例えばケーキショップの実店舗では、ケーキはショーケースの中に並べられていますが、斜め上から見下ろす状態でお客さんの目には移ります。

この斜め上から見下ろすという効果は、被写体がどっしりと安定感を見るものに与えます。

ネット通販ショップでもこれを真似れば、モデル商品の商品撮影にも十分に活かせるでしょう。

また、モデル商品を真俯瞰というテクニックで、料理の盛り付け等を商品撮影すると豪華な印象を与える事が出来ます。

対して、ローアングルで撮るという場合は、躍動感や迫力といった物を感じさせる事が出来るのでケースバイケースで使用すると、お店の利益も眼に見えて違ってくるかも知れません。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
ネット販売の商品撮影はアングルがとても大切

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*