ポイントは商品とカメラを知ること

ネットショップの商品を印象付けるには、まずは商品のメリットとデメリットを知ることです。

その中で順位付け、最もメリットとなるものを特徴付けるようにするのがポイントです。

反対にデメリットとなるものはその程度が大きいものほど印象に残りにくくします。

それを撮影テクニックに応用します。

商品撮影の中心はモデルの最たるメリットとなる部分で、洋服であればデザインや仕立ての特徴などに焦点を当てます。

食品であれば温かさがより魅力を増すのであれば湯気も撮影に含めるなど、雰囲気も加味すると効果的です。

また、商品撮影に使用するカメラも目的に応じて使い分けたいものです。

その際カメラそのものの機能を熟知しておいて、それぞれのカメラのメリットを生かした撮影を行います。

モデルとカメラ双方のメリットを最大限に生かした撮影が理想です。

そしてネットショップに載せる商品写真は同じものを長く掲載出来るようにしましょう。

ネットで商品を求める消費者は目で見て商品を覚え印象を残すものです。

あまり頻繁に写真が変わったりすると混乱や疑いが上りかねません。

リニューアル商品やバーゲンなどのキャンペーンを除き、長く掲載出来る商品写真が理想です。

そうしたことを踏まえてモデルの商品撮影を行ってみましょう。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
ポイントは商品とカメラを知ること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*