商品の撮影に関する工夫

デジタルカメラが、今では非常に低価格で販売されています。

出来れば商品撮影には真剣に臨み、出来る限りの努力を行いましょう。

プロ並みの腕前を発揮する必要はありませんが、ネットユーザーから、「手抜きだなあ」と指摘されない程度の、クオリティは必要不可欠。

ついつい多忙な業務の合間を縫って、撮影を行うと、撮影時間が夜間になる事も。

そこは一歩踏みとどまり、出来れば朝型から真昼の時間に、撮影時間を移動させてみましょう。

太陽の光の有無は想像以上に大きく、自然光によるライティング効果で、商品の写真うつりがグッと良くなります。

商品のうつりが良くなれば、お客様も「このお店は商品が見やすいな。買ってみようかな。」と言う気持ちにもなりやすい物です。

また他店と同じ商品を扱うなら、モデルで差をつけるのもひとつ。商品だけの写真ではなく、モデルに持たせる、モデルが使用している所を撮影する。

ひと手間かけることで、他店からリードできますよ。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
商品の撮影に関する工夫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*