立体感を出す簡単な撮影方法

室内で商品を撮影する場合、モデル商品の一部分が暗くなってしまったり、平面的な印象にみえることはないですか?

カメラのフラッシュを使えば光源は十分になりますが、モデル商品が光で白っぽくなったりして印象が鮮明に伝えることが出来ません。

このような場合は卓上ランプの光などをモデルの横から当てることで、陰影を表現できるようになり、美しい立体感を出すことができるようになります。

商品撮影の際、ランプの位置を商品に近づけたり、商品から遠ざけたりすることによって、絶妙な立体バランスを探し出していきましょう。

この方法は、モデルがフィギュアのような曲線の多い商品の商品撮影の場合は有効な方法になります。

しかしながら、商品によっては、影を使った立体感を出すことで、魅力が半減してしまうことも。

そんなときに有効な商品撮影方法があります。

フラッシュディフューザーでしたら、商品全体を柔らかな光でハッキリとキレイに写せます。

フラッシュディフューザーが手元になければ、フラッシュを白いビニールバックやテープで覆って撮影すれば同じような状態を作れます。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
立体感を出す簡単な撮影方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*