レシピサイトなどを参考に写真撮影を



人のふり見てわがふり直せということわざがありますが、お手本にしたいと思えるものが見つかれば、真似をしてみるところから入るのも一つの手段でしょう。


特に写真のようにセンスが問われるものの場合、同じ撮り方をしても、出来栄えに差が出てしまう可能性があります。


そのため、レシピサイトや他のショッピングサイトを見て、この撮り方は上手だし、よく見えるというものがあれば、それを忘れないようにメモしておくなどして、自分自身で撮影してみるといいでしょう。


実際にやってみると、商品一つ一つにどのような撮影の仕方が適しているかがわかってきます。


例えば、綺麗なキッチンスタジオを使用したりすれば、憧れの料理本などの写真に似せることも可能です。


食べ物などは特に、美味しそうに撮れないと意味がありません。モデルが美味しい顔をしていたりすれば興味がわきますよね。


モデルは見せるプロですからクラスアップした写真が撮れます。


美味しそうに見えない写真なら、むしろ掲載しない方がましなくらいですので、くれぐれも上手に、そしていい写真を撮ってネットショップに掲載することが大切です。


そのためには写真撮影の腕を磨くとともに、商品撮影のコツをつかむことも重要になってきます。


この商品は寄り気味に、こちらの商品は引き気味にといった具合に、キレイに撮るコツがつかめるようになれば、ネットショップで扱う商品の点数が増えても、すぐに撮影して商品をサイトに掲載することが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*