商品にプラスαの要素をもった写真



ネットショップで買い物をしたとき、届いた商品が見ていたものと違ったという経験をしたことがある方は多いでしょう。


ネットショップで見ていた写真と実物が違うと感じることは、意外とよくあります。


運営するにあたって、キレイに商品撮影をすることは大切ですが、そこに虚偽のものや補足物を多く付け加えることは、かえって逆効果になる場合もあるということを、認識して下さい。


色合いに補正を加えると、確かに写真はきれいになりますが、商品が届いたときに、写真と違うといったクレームにつながりかねません。


そのため、あくまでも肉眼で見た美しさを引き出しながら、そこにできるだけ余計なものを盛り込まず、写真で商品を伝えることが大切です。


商品写真は商品単体でなくとも、モデルを使用したり、スタジオでモデルに動きをつけて躍動感を伝えるのも素敵です。


現在、ネットショップの撮影がスタジオで行われるのは天候に左右されず、商品にプラスαの要素をもった写真が出来るからなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*