商品の価値を引き出す



素人の方でも上手な撮影方法をマスターすれば、被写体を美しく見せる商品撮影は簡単に出来るものです。


商品に対して上手く照明を当てる事によって商品のイメージも大きく違ってきます。


食材などを撮影するのであれば、その食材が一番美味しく見える角度で照明を当ててください。


どの角度から照明を当てるのが一番美味しく見えるのか分からないという時には、少しずつ照明の角度をずらしながら一枚ずつ写真を撮影するのが一番良いです。


その際には10度ずつぐらい照明の角度をずらしていくのが僅かな違いも分かりやすく、食材についている水分に光が反射する美しさなど、見ている側に美味しいと思わせる最適な角度を簡単に見つけられます。


照明の使い分けを覚えてくると商品撮影のデザインのバリエーションが更に増えてきます。


また、スタジオを使えば、簡単にプロ仕様の照明でスタジオ撮影することが出来ます。


その際、商品のイメージを伝える方法として人物(モデル)を起用するのも良いでしょう。


自分が使っていると言うイメージをモデルが体現してくれますのでお客様に伝える効果アップです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*