デジタルカメラの解像度と商品撮影



「近頃のテレビゲームはプレイしていて、疲れる」や、「最近の映画やドラマはなぜ、視聴しているだけで頭が痛くなる」等の意見があります。


その原因として、「高画質化が及ぼす影響」であり、近代化したカメラやビデオ機材が、返って視聴者であるユーザーに、悪い影響を与えている可能性が。


今のカメラは性能が格段にアップしており、実はヒトの視野を超えた角度・解像度で、被写体を撮影する事が出来るため、非常に背景や関係のない箇所にピントが合いやすく、画面全体が良い意味でぼやける事なく、しっかりとクリアに撮影されてしまい、ユーザーに大きなストレスを与える原因になっています。


それはネットショップの商品撮影の際にも、気をつけたい部分でしょう。


デジタルカメラは解像度が非常に高い機器も多く、普通に撮影しているだけでも、背景や不必要な部分が大きくクローズアップされる恐れがあります。


月並みな解決案ですが、出来れれば商品撮影を行う際は、背景に出来る限り、関係のないポスターやアイテムが写り込まないように、気をつけたいところです。


シンプルな白い壁、白い背景などで、撮影を進めれば、ピントも自然と商品に合いやすくなり、ユーザーに疲れやストレスを与えません。


なかなかそんな場所が見つからないので現在ハウススタジオや撮影スタジオが大人気です。


また、モデルを起用し、そのモデルに実際自分が使用している写真を撮影してもらいページにアップすることで臨場感を生ませることも効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*