ネットショップ商品撮影は何パターンも撮る



ネットショップ商品を掲載する場合には、写真は必須です。


対面販売のお店と違い、目の前で手に取って見ることができないわけですから、購入者にとっては写真と商品説明が頼りになります。


たまにノーイメージのまま掲載しているケースが見受けられますが、商品画像を掲載すれば、文章による説明だけの場合と比べ、格段にアクセス数や購入数がアップするでしょう。


商品撮影においては、商品の全体はもちろん、商品の特徴となる部分も撮影しましょう。


トップ画面や商品検索結果に表示されるメイン写真は、最も商品が美しく見えるアングルや、商品イメージが伝わりやすい写真を撮影します。


基本的にはアップで撮影したものがいいでしょう。


詳細ページにはアップ画像のほか、商品全体が分かる写真も必要です。


バックなどであれば、モデルさんやスタッフが肩から提げた写真、手に持った写真などを撮影するとサイズなどがイメージしやすくなります。


小さな小物などもモデルさんやスタッフが使用している写真を掲載することでサイズ感も伝えられます。


また、バックなど中身が気になる商品については、内部写真も撮影し、収納しやすさなどをアピールしましょう。


さらに、キッチン用品などであれば、ハウススタジオのキッチンで使用している写真や、スタジオにさりげなく置いてある写真を掲載することで、擬似的な生活を想像できるので購買につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*