「レフ板」を上手に使って鮮明な商品撮影を



最近は各ASPの会員になれば、個人でも簡単にネットショップを作れるようになりました。


しかしそういった所から提供されている商品画像というのは、当然と他の多くの方々もご利用なさっていますので、正直あまり魅力的には感じてもらえません。


やはり個人でも相当な売り上げをコンスタントに上げ続けているネットショップ運営者の皆さんは、そういった誰でも簡単に利用できる商品写真などは利用せずに、自分で商品撮影オリジナルの画像に簡単な個人レビューなどを添えたりモデルを起用したスタジオ撮影などで撮影した写真を掲載しているようです。


こうする事によって他とは違うという信頼と説得力につながりますので、と多くの閲覧者が購入してくれるという訳です。


当然そのためには鮮明に商品撮影する必要があるのですが、一番のポイントとなるのは「レフ板」の使い方です。


普通に撮影するだけでは光の当たる方向が限られているので、どうしても商品に影の部分ができてしまいますが、その影の部分に光が当たるようにレフ板をおいて反射した光が当たるようにすれば、影の部分もしっかりと見える鮮明な商品撮影ができるという訳です。


スタジオでするようにライトを沢山用意して色んな方向から光を当てるといった方法も確かにありますが、それは結構手間がかかりますし写真が白飛びしやすかったりもするので、レフ板を使った方が素人でも確実に良い写真が撮れます。


モデルを起用した商品写真も抜群に良くなります。


またレフ板は下敷きにアルミホイルの光沢面を表にして貼った物でも十分ですので、皆さんも是非やってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*