売れる食品関連サイトの写真撮影のコツ



「ネットショップ」と一口に言っても、扱う商品ジャンルはサイトによって本当に千差万別な訳ですが、中でも最も多くの方々が運営されておられる商品ジャンルは「食品関連」ですよね。


やっぱり老若男女を問わず、大多数の方にとって最も身近で関心が総じて高いので、当然安定した成果が望めるという訳です。


ただ当然ライバルとなるサイトも非常に多いので、単にそのまま商品写真だけを掲載しているだけでは、なかなか多くの成果を望むのは困難だと言わざるおえません。


ですのでよく売れている食品サイトの運営者というのは、必ず一工夫加えた写真を掲載しておられます。


例えば売りたい「パスタ」があった場合、単に袋に入ったままの状態を商品撮影して掲載しているだけでは、当然サイト閲覧者に十分なアピールをする事は出来ませんが、それを使って作ったナポリタンやカルボナーラの写真を掲載しておけば「コレを使えばこんなのが作れるんだ」といった具合に、閲覧された方が購入してくれる確率を大幅に高める事が出来ます。


それに加えて、ハウススタジオなどでモデルが料理をしている、モデルが食べているという商品写真があれば、臨場感や想像もプラスされます。


特に食品関係を扱うサイトの場合、管理人さんは皆さん商品を使ってご自身で調理された写真を掲載するというのは常套手段となっています。


また閲覧者にとっては「料理好きの人がオススメしてくれているのだから、良い商品に違いない」といった安心感にもつながりますますので、多少高くてもキッチンスタジオなどで撮影されるショップも多いのが現状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*