背景紙のデザインは複数用意したい



流行りを売りにしている商品を撮影する時には、そのオシャレさを引き立たせる様な背景の使い方をしなければいけません。


お客様というのはお気に入りの商品を普段から探しているだけでなく、その商品のイメージにも合ったオシャレなショップで購入したいと思うものです。


イメージモデルは、そのオシャレな世界観を体現できるモデルが選ばれています。


もし洋服などの商品撮影をする際に背景の色づけなどを適当に済ませているのであれば、せっかくのオシャレな商品が背景の選び方によって台無しになっていると、お客様に思われてショップに対するイメージも悪くなりかねません。


もし商品撮影をするにあたって数枚程度の背景紙しか用意していないのであれば、色んなデザインの背景紙を購入してみる事をおすすめします。


こんな濃い色をした背景紙に使い道があるのだろうかと思う様なデザインであっても、色んな衣服やカバンの背景紙として試しに使っている内に、これが一番ぴったり合うと思える商品は見つかってくるものです。


背景紙の色は濃すぎない方が良いというイメージは捨ててください。


もし背景紙を何度も試しに変える作業をやってみようと思ったのであれば、その際には照明の位置や角度の設定をする前に背景紙の入れ替えをしてください。


背景の色によって照明の生え方というのは大分違ってくるものですから、お気に入りの色を見つけた後に照明の設定を始めた方が二度手間になりません。


また上級者は、商品ブランドを一定の世界観で統一するため同じハウススタジオで春夏秋冬を追う場合も。スタジオ内で背景の小物を変えるだけで季節感を出すのも◎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*