撮影が苦手という人でも、上手に撮影できる方法があります。

まずは、モデルの状態をじっくり探ること。


例えば、食べ物が被写体となるのなら、美味しそうに見えるように撮れるようにすることが必須に。


温かいものなら湯気が出ている状態で、間近で撮るようにすればいいのです。


それから、モノではなく人間のようにちょっとでも動くものがモデルとなる場合には、ポージングが決め手となることも。


可愛いポーズをいろいろとやってもらうといいかもしれません。


もしくは、自然な状態を撮るようにします。


自然な表情をしている時こそ、美しく見えるということもあるからです。


リラックスする環境としてハウススタジオでの撮影もお勧めです。スタジオは外部の音などもシャットアウトできますのでモデルもカメラマンも商品写真の撮影に集中できます。


ある意味、日常を切り取る感じでシャッターを押してみるといいかもしれません。


そして何よりも、素人だからこそ、何枚も商品写真を撮ってみるということが重要です。


数打てば当たるというわけではありませんが、たくさん撮るうちにだんだんと上達するようになっていくものだからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*