光を利用する




綺麗な商品写真を撮影するために覚えておきたいのがライトです。


デジタルカメラには通常フラッシュ機能がついています。


フラッシュ機能を使用すれば明るさが増すものですが、暗い場所でフラッシュをたくと不要な影が映ってしまいます。


この影があることで写真の綺麗さ美しさが損なわれてしますのです。


モデルとなる被写体の良さというものを半減させてしまう原因にもなります。


そこでなるべくフラッシュを使わずに自然な明るさの中で撮影をしたほうがよいです。


プロのカメラマンの場合だと、光を上手に利用して美しい写真を撮ります。


レフ板というものを使用することで光を反射させて、モデルに自然な輝きを与えることができるのです。


このレフ板の代わりとなるものは探せば身近にたくさんあります。


例えば白い紙などでもよいのです。


こちらをモデルにかざしてみましょう。


簡易スタジオでも同様です。白い紙をレフ板代わりに使用することで不要な影を消し自然な明るさになります。簡易スタジオで撮った写真が明るくなりすぎたり、暗く見えたりする方は試してみてください。


いつもよりも自然に美しい色合いが出て、簡単に綺麗な写真を商品撮影できるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*