撮り方で消費者の購入意欲は差が出ます




雑誌やネットに乗せるモデル商品撮影にはコツがあります。


どんな写真にも言えることですが、やはり上手に撮る方法を心得ているカメラマンの写真と、素人が撮った写真では大きな違いがあります。


遊びであれば問題ありませんが、やはり写真の良さで消費者の購入意欲というものが変わってくるモデル商品に関しては、商品撮影を心得ているカメラマンでなくてはいけません。


コツの一つに、基本的な撮影環境を守っているか、ということがあります。


より良さを追求するのであれば、昼白色の蛍光灯を使い、光を柔らかくするためにディフューザーという薄い膜を使います。


さらにその光はレフ板という薄くて大きな板で反射させ、ちょうどいい具合でモデル商品に届くようにします。


また、背景紙を使い、さらにカメラは小さなもので良いので三脚の上に乗せて撮影します。


これらが撮影環境の基本です。


綺麗に撮るにはまだまだ多くの要素があり、明るさの調整と露出補正、ホワイトバランス、さらに角度やフラッシュに至るまで、多くの要素を工夫してより良い写真を撮る、それが上手なカメラマンの仕事です。


プロのカメラマンにはこれらのたくさんの要素を押さえた上で、消費者がどのような写真を撮れば購買意欲を高めてくれるのか、それを熟知して写真を撮る能力がなければいけません。


一度、プロカメラマンとスタジオ撮影するのも勉強のひとつです。スタジオは撮影環境のなんたるかを教えてくれますし、カメラマンの動きは雑誌やネットで勉強するよりはるかな撮影知識を与えてくれること間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*