上手に商品撮影するコツ




例えプロのカメラマンではなくとも、プロ使用の機材を使わなくても綺麗に写真を撮ることは可能です。


先ず美しく写真を撮るにはモデルとなる商品の特徴をよく把握しなくてはいけません。


被写体が動かない物体でしたら、いったいどの角度からカメラを撮ればいいのかよく観察をしましょう。


様々な角度からチェックしてみたり、裏返したり持ち上げてみたりと動かしてみて一番よいと思った角度を見つけることが最初の一歩です。


お気に入りの角度を見つけたらしめたものです。


撮影のスペースなども決めて自分専用のスタジオを自作される方も多くいらっしゃいます。


もしも被写体となるモデルが動くモノ、あるいは人物であったら自分が動くようにしてみましょう。


写真だとそこに写っているものしか見えないものです。


しかし大きく視野を広げて撮影してみることで写真にも奥行きが生まれてきます。


そして決まったらどんどん写真を撮っていきましょう。


多くのシャッターを切っていくことで美しく撮れる商品撮影のコツがつかめてくる筈です。


どうしたらその商品がより美しく見えるのかを考えることによって、上手に見える写真を撮ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*