魅力ある商品に見せる商品撮影とは

パソコンや携帯電話に加えて昨今ではスマートフォン等を使いインターネットにいとも簡単に接続する事が出来る様になり、オンライン上で書籍や衣料品や電気製品など、ありとあらゆる物が簡単に購入出来る様になりました。

そして「ネット通販」なる言葉も最早、日常会話で使っても違和感はありません。

いずれにしても、商品を購入しようと考えるユーザーは大手のインターネット検索サイトを利用したり、安価で入手出来る事で有名なサイトを利用したりしてお目当ての商品を探します。

そしてWEBブラウザー上に表示される商品の写真を閲覧し紹介文を読み、その商品を購入するか否かを決定するのではないかと思います。

ここで問題は、掲載されているその商品の写真が購入者に対してインパクトを与える程の魅力を表現出来ているのかということです。

確かに商品の紹介文も大切な一要素ですが、一般に人間はインパクトの強いものを脳裏に焼き付けるという習性がありますから、インパクトの薄い商品の写真では顧客になろうとしているユーザーの脳裏に商品のイメージを焼付けさせる事が難しくなります。

そうなれば、ビジネスチャンスを逃す確率は高くなってしまいます。

そこで必要な商品撮影というのは、旅行や運動会に行った時に撮る写真とは根本的に異なるという事を認識し、顧客が何を求めているかを常に意識することです。

例えばヘッドフォンを購入しようとする場合を考えてみます。

木目調のテーブルを背景にヘッドフォンを撮ればクラッシック音楽を連想させますし、落ち着いた喫茶店で紫煙をくゆらせながらパイプを手にしながらヘッドフォンを頭に装着している人物を撮ればジャズが聞こえてきそうです。

この様にしただけで商品の価値は何倍にも増幅して見る側を圧倒し、購入してみたいと思わせる事が出来るのではないかと思います。

そうすれば結果的に売上げも目に見えて変わって来る筈です。

魅力ある商品に見せる商品撮影とは
写真だけで商品の価値は何倍にも増幅して見る側を圧倒し、購入してみたいと思わせる事が出来るのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*