食品の美味しさをアピールするための撮影テクニック

インターネットを通じて売り込みたい商品をより美しく、より魅力的に見せたいのであれば、商品写真に一工夫をする必要があります。

たとえば、食品を売りたい場合は、その食品がより美味しそうに見える写真を撮ることが肝要です。

仮にコーヒー豆を売りたい場合、コーヒー豆そのものをモデルにしても、美味しそうな写真は撮れません。

コーヒー豆を売り込むには、カップに入ったコーヒーを撮影した方が効果的です。

ただ、漫然とコーヒーを写真に収めても、あまり美味しそうには見えないですし、他の商品写真との差をつけられません。

そこで、ホットコーヒーの場合は湯気の立った暖かそうな雰囲気を演出する必要があります。

湯気が入った写真を撮るためには、下準備が必要です。

まず、湿度が低い部屋では湯気はすぐに消えてしまいますので、加湿器などで部屋の湿度を上げる必要があります。

次に、部屋の温度は低くした方がより湯気が濃くなりますので、エアコンで部屋の温度を下げておくことが肝要です。

また、カップの背景を黒か暗めの色にすると、より湯気の色が引き立ちます。

このほか、アイスコーヒーなどのコールドドリンクをモデルにする場合は、冷えた飲料をグラスに入れて、少し時間を空けてから撮影した方が、水滴がグラスに浮き出て冷たさを強調できます。

このように、食品を撮影する際はその食品が欲しくなるシチュエーションを強調することが肝要なのです。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
食品の美味しさをアピールするための撮影テクニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*