手持ちのデジカメでプロ風写真を撮影するには

お店やレストランの商品をうまく撮影して売上に貢献できたら良いと思いませんか。

そんな希望が叶うカメラテクがありますので、こちらで幾つか紹介します。

まずはどんなモデル商品を撮影するのかをきちんと把握しましょう。

実は、その商品の特性をきちんと理解できるかどうかによって、写真の完成度やアピール度に大きな差が生じるのです。

例えば、もし被写体となる商品が食べ物であった場合、アピール度を上げるために注意すべきなのはアングルと構図になります。

写真にまだ慣れていない場合には商品をできるだけ前面に出して写したいと思う傾向が強いため真上からベタに全体の写真を写してしまうことが多いでしょう。

ところがこのアングルと構図がアピール度を下げてしまう大きな原因となっているのです。

では、どのようしたらアピール度が上がるモデル商品の撮影ができるかということですが、ここはあえて全部が見えることにはこだわらずに、普段自分で何かを食べる前にはどのような角度から品物を見ているのかにこだわって、アングルと構図を決めてみましょう。

そうすることによって、写真を見る人は自分が食べることについてのイメージを具体化することができ、よりモデル商品に興味をもつようになるのです。

これぞまさにプロの写真です。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
手持ちのデジカメでプロ風写真を撮影するには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*