アクセサリーのような小さな商品を撮影するコツ

花やアクセサリーのような小さく精密なモデルを撮影するときは、マクロモードの利用をお勧めします。

大抵のデジカメには、チューリップのアイコンがあり、これがマクロと呼ばれる機能です。

商品をクロースアップするためのモードなので、小さな商品でもピンボケすることなく、深みのある写真にすることができます。

ただ、商品によっては小さすぎてマクロモードでも上手に取れないときもあるでしょう。

このようなモデルをキレイに撮影をしたいのであれば、エクステンションチューブを利用しましょう。

エクステンションチューブとは、一般的に接写リングと呼ばれるものです。

一般的な交換レンズよりも安く入手できる上に、マクロでさえ撮れない小さな被写体でも美しくハッキリと撮影することができます。

特にアクセサリーのような小さくて精密な商品を写すときは、このエクステンションチューブが非常に役に立ちます。

商品を効果的にアピールするためには利用を考えてみてもいいでしょう。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
アクセサリーのような小さな商品を撮影するコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*