洋服をネットショップで販売したいなら

洋服をネットショップで販売したい場合には、モデル商品撮影にあたって配慮すべきポイントがたくさんあります。

洋服はデザインはもちろん、カラーやサイズなど消費者にとって気になるところがたくさんあります。

実店舗であれば多くのケースで試着をして買う慎重になる商品ですから、写真撮影では洋服のデザインが正面、横、後ろとしっかり分かるように角度を変えた写真を用意することが求められます。

また、カラーが写真と手元に届いたものが大きく違っているとクレームにならないよう、可能な限り実物に近い色が出るようにしなければなりません。

洋服は室内でフラッシュやライトを当てて撮影しがちですが、正確な色を伝えるには昼間の室内でフラッシュは焚かずに、自然光とレフ板を用いて商品撮影するのがベストです。

こうすることで商品に光が反射したりせず、本来のカラーが出やすくなります。

サイズに関してはS、Mなどの表記だけでは分かりにくいタイプの服もあります。

ワンピースなどのアイテムならモデルさんに着てもらって撮ると分かりやすいです。

モデルといってもコストをかけて本業の方を雇う必要はなく、お店のスタッフでもかまいません。

顔を出したくないなら顔から下を撮る方法もあります。

写真とともに、スタッフの身長と体格、着用サイズを表示すれば伝わりやすくなります。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
洋服をネットショップで販売したいなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*