シャープネスやコントラストを使いこなして写真を撮ってみよう

ネットショップの写真を撮るときに大事なテクニックとしてシャープネスやコントラストの調整があります。

これらによって同じモデルを同じ明るさで撮ったとしても、ちょっと雰囲気が異なる写真が撮れるのです。

どのような商品撮影をしたいのかによりますが、それぞれの状況に合わせて使っていくことで、自分の頭の中の想像図に近い商品撮影ができる様になるでしょう。

まずはシャープネスを考えてみましょう。

これは輪郭を強調するか、逆にぼやかすかという事です。

輪郭を強調するとくっきりとした力強い印象になりますので、男性に向けたモデルや一枚目の写真ではっきり商品の印象をユーザーに与えたい時には、シャープネスを強めにしましょう。

シャープネスを弱く、つまりぼやかした感じにすると柔らか感じになります。

可愛いアイテムを女性に向けて売りたい方や、あるいはおしゃれな雰囲気を出しつつ商品をアピールしたい時には良いでしょう。

またシャープネスを弱くするときには明るさも増すと、さらに可愛い写真になります。

コントラストは、明暗差を表しています。

コントラストが弱いと優しい印象、強いとメリハリのある写真になります。

コントラストを調整するときは、しっかりとレフ板を使って光を調節することも大事になってきます。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
シャープネスやコントラストを使いこなして写真を撮ってみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*