モデル商品を魅力的に写しだせる方法

ネットショップを開設する上で、欠かすことが出来ないのがモデル商品をカメラに撮影して、ショップに写真を掲載することです。

その写真の出来如何によってそれを見た人の購買意欲も違ってきますので、重要な要素となります。

一般的にカメラ撮影で行なわれている方法としては、三分割法です。

その方法は、縦と横を三分割にしてその交錯した部分に被写体を置く方法となります。

ただこの方法だと中心位置に近いこともあり、やや被写体が浮かび上がるというイメージで撮影する上では物足りないのが欠点です。

そこでレイルマン比率と言うの活用することとなります。

レイルマン比率とは、電車が走行しているシーンを撮影する鉄道マン、つまりレイルマンによって編み出された比率です。

これによるとまず縦に4分割した線を引き、そして写真の大きさに合わせた対角線を引き、それらが中心線を除いた線に交錯した部分に被写体を持ってきて撮影する方法となります。

実際にそれに基づいて商品撮影された写真を見ると、モデル商品が浮かび上がる形で撮影されているのを見ることが可能です。

なおこの比率では遠近の効果をうまく作りだすことができるので、遠くの部分はぼやけてしまうのですが、近くのモデル商品は周りがぼやけている分だけ鮮明に撮影出来ます。

商品撮影で魅力を作り出す上では、このレイルマン比率に基づいて撮影すると優れている場合がありますので、積極的に活用しましょう。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
モデル商品を魅力的に写しだせる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*