レイルマン比率を活用して魅力的な撮影をしよう

ネットショップの商品撮影をするときには、色々なテクニックを駆使することが重要です。

消費者が商品モデルを手に取れないので、撮影した画像によってモデルの魅力を伝えなくてはならないからです。

写真がもともと得意という人でしたら問題ないでしょうが、今までスマホの写真仕方撮ったことが無いという人も多いはずです。

その様な人は基本的なテクニックを駆使するだけで魅力的な商品撮影ができるので、そのテクニックを確認しましょう。

まずカメラはやはりデジタル一眼レフカメラが使いやすく、後々加工などもしやすいのでお勧めです。

またレンズ交換も気軽にでき状況に合わせた撮影がしやすいです。

さて、商品撮影の際にどのような構図で撮るのかという事は初心者ならば悩んでしまうと思います。

中心に商品モデルを持ってくるのも一つの方法ですが、やはりおしゃれな印象的な写真にするためにもレイルマン比率を生かしてみると良いでしょう。

レイルマン比率は、まず画面を縦に四分割して、次に対角線を考えます。

その縦の線の中心線を除いた腺と対角線の交点に商品を持ってきて撮影するというテクニックです。

三分割法と比べて被写体が中心から離れて、人によってはこっちの方がしっくりとしたすわりの良い写真に感じるでしょう。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
レイルマン比率を活用して魅力的な撮影をしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*