ネットショップ用の効果的な撮影テクニック

ネットショップ開業の際は、顧客の興味を惹く商品ラインナップも重要ながら、それらの商品を魅力づける商品撮影にも気を配る必要があります。

特にネット通販であれば、顧客は商品を実際に手に取ることができないため、その商品を買うか買わないかの判断のポイントとなるのは主にサイトから得られる商品情報です。

つまり写真の印象がそうした判断を左右する大きなポイントとなっていることは間違いありません。

ネットショップ向きの写真撮影メソッドは多くありますが、中でも初心者が心がけるべきなのは光の使い方です。

特に自然光を巧く活用することはネットショップに限らずテクニックの常識で、どんなモデルであっても自然に明るい印象になるため、使わない手はありません。

さらに自然光を利用して商品撮影をするのであれば、日中、特に正午過ぎ頃が1日の中で最も適していると言われています。

またより専門的な技術としては、光だけでなく影の使い方もこだわることで、商品をより魅力的に、より販売側の望むイメージに近づけることも可能です。

たとえば、モデルの影がくっきりと写されていると、ちょっと大人でシックな印象の写真に仕上がります。

逆に影が少ない写真であれば、やさしく温かみのあるタッチの一枚になります。

こうした影の操作は一定以上のテクニックが必要とされますが、影を抑えたい場合には窓が大きい場所や屋外で撮影するだけで効果的ですので、一度試してみましょう。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
ネットショップ用の効果的な撮影テクニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*