ネットショップの画像は構図ひとつで魅力が増す

最近のインターネットの普及の速度は目を見張るものがあります。

それに伴い様々な人がネットショップの利用をするようになってきました。

以前よりも利用者が増えているので、圧倒的に巨大なビジネスマーケットとなっているので、ネットショップを開業しようとしている方も同時に増えています。

その時にネットショップで気を付けてほしい事は、商品を直接見てもらう事ができないという事です。

つまり商品撮影の技術によって商品モデルの魅力が伝わるか伝わらないか大きな違いとなってしまうのです。

まずは構図を大事にして商品撮影をしてみましょう。

動的な写真を撮りたい時は、モデルを中央に置かず左右にバランスをあえて崩してみましょう。

そうするとモデルの動きが出てダイナミックな写真になります。

それと同時に、クローズアップした構図にして商品の一部をカットしてみると迫力だけでなく必要な伝えたい情報のみを抽出して強調しながら消費者に伝える事ができます。

また角度を変えてみるのも構図においては重要な要素です。

斜めにしてみたり大三角形配置にしてみるだけで商品の雰囲気は変わってきます。

明るさなどは後で修正ができますが構図は修正が難しいので、何度も取り直してベストな商品撮影をしてください。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
ネットショップの画像は構図ひとつで魅力が増す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*