魅力的に見せる写真の構図を知ろう

ネットショップを運営するにあたって、買い物しに来たお客さんに強力にプッシュする方法は、魅力的だと思ってもらえる写真をサイト上に掲載しておくことです。

ネットショップの場合、9割がたは掲載された商品の写真を見て購入を検討、残る1割で商品の紹介をすると考えておいた方がよいと思います。

つまり、魅力的な写真が撮れるかどうかが、売り上げのカギを握ることになるのです。

商品撮影にあたっては、撮りたいものをどのような構図で撮るかを考えます。

モデルさんに洋服を着てもらうなら、背景や小物を交え、コーディネートした写真を掲載すると、メインの商品が魅力的になるうえに、小物にも関心を持ってもらえるかもしれません。

食品の場合は、いかにおいしそうな写真にするかが商品撮影の最大のポイントですので、モデルとなる商品をどのように配置するかを考える必要があります。

見やすいのは真ん中に置かれている状態ですが、料理の際の材料となる商品の場合、真ん中に出来上がった料理をもってきて、添える感じで商品を写しこむ方法により、出来上がりをイメージさせることで購買意欲を掻き立てるという方法もあります。

構図には基本となるパターンがいくつかあり、それを勉強して頭の中に入れておくと、いくつか違ったパターンで写真を撮り、その中からもっとも魅力的なものを選ぶということができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*