手ブレに強く訴求力も強い写真を撮りやすい単焦点レンズ

ネットショップで販売する商品撮影をするときには、ズームレンズを装着して撮影する方が自由度が高いため魅力的な写真を撮れるのではないかと思いがちでしょう。

しかし、実は、モデル・商品撮影する際には、単焦点レンズを利用した方が手軽に魅力的な写真を撮りやすいのです。

単焦点レンズとはその名の通り、焦点距離を1つしか持たないレンズのことを指します。

ズームレンズのように焦点距離を変更することができないため、レンズの調整に気を取られることなく、被写体を撮影することに集中できます。

単焦点レンズで撮影した写真の特徴は、ピントの合っている部分と合っていない部分がはっきりと分かれることです。

商品やモデルにピントを合わせて撮影すると、それ以外の背景などが大きくボケます。

見ている人に写真の中のどこに注目して欲しいかが一目瞭然な写真に仕上がるのです。

ですから、きちんと商品の魅力的な部分にピントを合わせて撮影を行えば、お客様への訴求力の強い写真を撮ることができます。

また、単焦点レンズで撮影した写真は手ブレの影響を受けにくいのも特徴です。

ズームレンズよりも単焦点レンズはF値が小さい傾向があるため光を取り込みやすく、シャッタースピードが素早くなるので、薄暗い環境で撮影しても、くっきりとピントの合った写真が撮れます。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
手ブレに強く訴求力も強い写真を撮りやすい単焦点レンズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*