商品写真で消費者の興味をひくためには

ネットショップで「これを購入したい」と思ってお買上げを検討していたお客さんが「ついでにこれも買って行こうかな」と別のモデル商品に手を伸ばすかといえば、なかなか難しいですね。

自分が欲しい商品ならまだしも、見たこともなく興味が少しある程度の商品の場合は「自分の目で確かめてから」という心理が働きますね。

これがネットショッピングの唯一の弱点とも言えますが、それを補う方法が商品写真です。

もちろん商品の紹介ページに詳細な素材や用途、メリットなど、消費者が買いたくなるような文章を載せたり、効果的なレイアウトも大切ですが、商品写真のインパクトにはかないません。

ゲームソフトの購入特典など、文章で記載するより、特典の品物を掲載する方がインパクトがあります。洋服などもモデルが着用している方が、イメージがわきます。

消費者は、はじめてみる商品ならなおさら、視覚で判断をしていきますので商品写真はとても大切な売上ツールなのです。

商品写真で消費者の興味をひくためには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*