消費者の気持ちをくすぐる商品撮影の方法

商品撮影で、商品をアップで撮影するか全体を写すかで印象が変化するのをご存知ですか?

同一商品なのに値段が全く違うように見せる不思議な技術。

この技術、人間の心理を利用し「高級なものはアップにしても綺麗」という気持ちが働く為。逆を言えば本当は高価なものでも全体が映っていると安く感じてしまう事も。

これはいわば、ネットショップだからこそ出来る撮影技術での集客技術でしょう。

アップの写真を撮る時は、距離を置いた場所からズーム機能を使って撮影すると、ブレを少なくすることが出来ます。

アップの商品写真を多用して写真効果を狙いたい時には、スタジオでモデルとともに変化をつけた商品撮影をするのも一つの手です。モデルが手に持つのもいいですね。安価に店舗が開店できるネットショップだからこそ、環境を考えスタジオを借りたり、商品写真にお金を掛け、他の店舗との差別化を図りたいものですね。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
消費者の気持ちをくすぐる商品撮影の方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*