商品を綺麗に見せる方法

ネットショップを開業する方がどんどん増えています。

競争が激しくなっているネットショップ時代ですね。

特別な商品を探さない限りは、一般に売られている商品での競争になりますので、価格と商品の写りが大事なものになります。

商品撮影で、イメージが相当変って来ます。

しかしながら商品撮影には、決して高級カメラは必要ありません。

どこにでもあるデジタルカメラで良いのです。

まず背景にも工夫が必要です。

背面は直線の背景紙を使うのですが、背景紙の下側は丸みを帯びさせて、そのまま下を通し、レフ版までもってくるのです。

またレフ版を上手に当てることも、商品撮影には大事になります。

上の電気は昼発色の蛍光灯を使い、商品との間に光を柔らかくするための膜を張ると良いでしょう。

簡易的なスタジオをイメージして下さい。

大手のネットショップでは、モデルを起用しスタジオで撮影するところがほとんどです。スタジオは撮影環境も整っていますので天候にも左右されません。

さらにモデルを起用することで、モデルが商品のイメージを広げてくれる効果がありますので欠かせない存在になるのです。

商品撮影,モデル撮影,写真撮影,アパレル撮影,撮影スタジオ,モデル,大阪,商品写真
商品を綺麗に見せる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*